■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■プロフィール

Bitte商店

Author:Bitte商店
能登、加賀、越前のうまいもんを取り寄せて見ませんか? Bitte商店で扱う商品を、適宜、ご紹介しております。

■最近の記事

■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■Bitte商店の他の商品
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ビタミンEのあれこれ


活性酸素は体内細胞を破壊し、癌、心筋梗塞、 脳血栓などを引き起こします。

ビタミンEで、活性酸素を抑えましょう。

NatueMade400IU_225.gifビタミンEがどのような特徴を有しているのか、インターネットを検索した結果を元に、まとめて見たいと思います。

まず、ビタミンEの同義語、トコフェーロール;もともとのトコフェロールの語源は、ギリシャ語で「子供を産む」と「力を与える」という意味であるとかかれています。1922年アメリカのエバンス博士とビショップ博士によって動物(ラット)の不妊を防ぐ食事因子として発見された、とのことです。 動物実験の結果を元に、人間の不妊の生殖機能にも大きく関与していると、みなされています。

また、トコフェロールは、過去の記事でも書きましたように、フリーラジカルから、細胞膜を守る働きをします。具体的には、フリーラジカルの攻撃で、細胞膜内の脂質成分が過酸化脂質に変化し、細胞にダメージを与えるか、破壊してしまうのを防ぐ役割をします。 血管内で、過酸化脂質が増大すると、動脈硬化の引き金になると考察されています。また、この過酸化脂質が、老人性の『しみ』をも、引き起こしますし、脳神経細胞や末端の神経細胞にたまるとそれらの神経細胞を壊死させることにもなります。 

この過酸化脂質を増やさないことが、体内細胞の健全性を保つ上で、重要です。この過酸化脂質の増大が、老化に関与し、また血液循環不順にも大きく関与しています。トコフェロールは、細胞内脂質がフリーラジカルの攻撃を受ける前に、身代わりとして機能し、結果として、細胞内脂質を保護する役目を果たしています。

逆に、ビタミンEが欠如すると、以下のことが症状として現れるようです。
  • 血液循環の不順による症状(肩こり、冷え性、しもやけ、その他)
  • 不妊症。(トコフェロールの欠如)
  • 動脈硬化になり易い。(過酸化脂質の増大)
  • 悪玉コレステロールの増大(コレステロールも脂質のひとつ!)
  • 脂質で形成される内臓器の疾患(過去の記事に記述)
  • 脳細胞や神経細胞の変化が原因の疾患(細胞の脂質の、過酸化脂質への変質)


インターネット上のいろいろなページに、ビタミンEが欠如したときの具体的な症状について書かれています。しかしながら根本的には、フリーラジカルが、細胞膜の脂質を壊してしまう前に、トコフェロールがその身代わりとして攻撃を受け、変化し、細胞内の脂質が傷つけられない、ということだと理解しました。

ビタミンE 400 IU 100% ナチュラルのお買い求めはこちらから

キーワード:ビタミンE ネーチャーメイド 天然 ナチュラル 活性酸素 老化 動脈硬化 脳血栓 過酸化脂質



Bitte商店


わん卓と、こだわり商品のBitte商店ホームページへ!
スポンサーサイト


テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

Bitte商店・ビタミンE400IU | 10:10:10 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。